topnews_line

【おすすめ】 STUDIO FL LINE IMAGE 12 安心の日本正規品! クロスグレード版 BUNDLE SIGNATURE-シーケンスソフト

%e8%b3%9e%e5%91%b3%e4%bc%9a%ef%bc%88%ef%bd%88%ef%bc%92%ef%bc%98%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%89-6
フォトギャラリー

●FXpansion Expansion Pack: XFL [簡易パッケージ]


IMAGE LINE SOFTWARE FL STUDIO 12 SB クロスグレード

他社製DAWソフトウェアを所有の方を対象に優待価格で購入できるFL STUDIO 12 SBフラグシップモデル。

本製品は対象の他社製DAWユーザーのみご利用が頂ける優待版です。
内容品としては製品版と同じですが、ご利用開始前に日本代理店フックアップが定める規程に準じたお手続きが必要となります。
お手続きにはクロスグレード対象製品のシリアルナンバーが必要となります。

クロスグレード対象製品について:
・Sony Creative Software/Sonic Foundry:ACIDファミリー、Vegasファミリー
・Internet:Singer Song Writerシリーズ
・Internet:ABILITYシリーズ
・Propellahead:Reasonファミリー
・Ableton:Liveファミリー
・Steinberg:Nuendo、Cubaseファミリー
・Cakewalk:Sonarファミリー
・Apple:Logicファミリー
・Avid:ProToolsファミリー
・Magix:Sequoia、Samplitudeシリーズ
・MOTU:Digital Performer、Performer
・PreSonus:Studio One Professional
※Windows版/Mac版、バージョンは問われません。


FL STUDIOは「二番手のDAW」というような評価が多かったように思いますが、現在は全く異なります。

音質面ではAbleton Liveを遥かに凌ぎ、プラグインの品質も高く、しかも抜群の操作性を誇っており、初めてのDAWとしての人気を不動のものとし、長らく他のDAWユーザーであった人たちが乗り換えるというような風潮まであり、今や最も注目すべきDAWとして進化しています。


その最たる理由は、FL STUDIO という名称のとおり音楽スタジオとして必要とされる機能性を「ダンスミュージック」に絞り、その代わりに「ダンスミュージック」に徹底した能力を右から左まで完璧に揃えている部分にあると言えます。


まずソフトウェア・インストゥルメントやソフトウェア・プラグインを内包しているのは他のDAWと同じですが、その圧力・音質が全く別次元の品位を実現しています。またシーケンサーなどMIDIまわりが、「ダンスミュージック」に最適化されており、ステップシーケンサーの使い勝手や性能もその他DAWでは見られない徹底ぶりです。


プラグインエフェクトも、ミックス・マスタリングで利用できるプラグインに加えて、積極的に音創りに利用出来るエフェクトも豊富で、シンセで音創りをするのではなく、オーディオをエフェクトで「壊して」作るタイプのクリエイターからの評価も非常に高いです。


ライフタイム・アップデート

他のDAWでは提供されない特徴として「ライフタイム・アップデート」というものが提供されるのもFLの利点。

これはメジャーバージョンアップであっても無償で提供される、というもので、一度FLを購入すれば以後アップグレードなどを購入する必要がない、というものです。多くのDAWはバージョンが変わると安くない代金を支払い最新版を入手し続ける必要がありますが、それが無くずっと使えるという考え方はユーザー視点で使い易いDAWを生み出すFLらしいサービスですね。

ドラッグ&ドロップで自分だけのカスタム・インストゥルメントが作れるPATCHER

FLの強力な機能に「PATCHER」というツールがあります。

これは、プラグインとプラグインを繋いで、一つのプラグインのようにして利用できる、という事を実現するツールです。

NI KOREやREASON COMBINATORとか、他社でいうところのそうした類のツールですが、これがDAWの機能として組み込まれているのは特筆すべきポイント。

PATCHERの中には他社製VSTプラグインも組み込めてしまうので、お気に入りのプラグイン・インストゥルメントやプラグイン・エフェクトも利用可能。自分だけのカスタム・インストゥルメントを実現するのに最適です。


パッチングできる利点とは?

例えばEDMやダブステップなどで聞けるようなベースラインとリードラインが同じになる音を作ろうとした時、ベースラインを担うインストゥルメントとリードラインを担うインストゥルメントを個別に操作する必要があります。

通常、こうした作業では操作中のインストゥルメントを切り替えるなどして作業をしなければならず、非常に不便極まりないもの。

そこで2つのインストルメントを「一つのインストゥルメント」として扱えるようになれば、パラメータのエディットなどは非常に楽になりますし、何より無駄にトラックが増える事がないので迷う事なく作業をする事ができます。


EDMやダブステップではあからさまにキー(音程)が異なるインストゥルメントを掛け合わせますが、テクノやヒップホップでもベースやリードの音創りでこうした作業は行われているもの。一つのインストゥルメントの出音では何故だか理想的な音が出ない、という時はこうした音の掛け合わせが重要です。


関連タグ:DAW クラブミュージック VST

仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。

2016.09.22

メークインとまぐろのサラダ

AAS MODELING COLLECTION 安心の日本正規品!
函館で学ぶ

函館港まつり~柏木町会~に出店!

平成28年8月5日(金) 『柏木町会港まつり』に柏木町会より依頼を受け出店しました。 会場は函館短 YAMAHA/ヤマハ ボーカロイド 4 VOCALOID 4 Library Sachiko 【小林幸子】【SACHIKOJP】

2016.08.08

函館港まつり~柏木町会~に出店!